• 不動産コンサルタント 小山智子

土地の有効活用でアパートを建築すれば本当に相続対策になる?

借り入れをしてアパートを建築することは、主に節税対策を目的にした方法です。






ご両親が借り入れをしてアパートを建築することで、土地が貸家建付地となって評価が下がり、建物は建築価格に比べて低く評価され、借入金は債務控除の対象となりほかの相続財産から差し引かれるため課税対象額が減少します。

このように、節税対策の効果が期待できるのです。


一見とっても有効的な手段と思える方法ですが、注意点もあります。

例えば、


将来にわたって収益性が十分に認められるのか?

空室時のローン支払いは大丈夫か?

空室対応、賃料値下げ、滞納・・・といったアパート経営リスクはどうする?


といった視点で慎重に検討をする必要があります。



アパート建物の建築がどんな場合でも効果的な節税対策につながるとは限りません。

うちの場合はどうなのか?まずは聞いてみたい方はSOUDANYAの相談へお申し込みください。


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示