top of page
  • 執筆者の写真不動産相談士 小山智子

成果を出すためには必要な3つの力

更新日:4月25日

こんにちは、お金と住まいの悩み時間をゼロにするSOUDANYAの小山智子です。


 

鎌倉も桜が満開になりました。

お散歩をしていてもウキウキした気分になります。




 

さて、1月に今年の目標を立てた方も多いはず。

1年の3分の1を過ぎましたが、

目的達成は順調に進んでいますか?

 

 

この時点で、目標達成には程遠い気がする方は

目標を決めたら、すぐに行動を起こしたがるタイプの方が多いです。

 

目標達成するには堅実さが必要なんです。

 

堅実な方法って地味でつまらない。

だから、華やかで、ラクで、すぐに成果がでそうで、

わかりやすい方法を求める方が多いです。

 

でも、実際に一番成果が出るのはちゃんと計画を立てていく方法なんです。

 

今日は成果を出すためには必要な3つの力があるという話です。

私はこの力をプライベートにもお仕事にも役立て楽しく働いています。

 

3つの力とは?

 

成果を出すために必要な3つの力とは「計画」「段取り」「仕組み化」です。

 

目標達成には程遠い気がするのは、この3つ力の「計画」「段取り」「仕組み化」が不足していることが原因の一つとも言えます。

ロードマップ作成講座では、この3つの力のうち計画と段取りについてお伝えしていますが、現状やお悩みをお聞きしていると成果を出すために必要な3つの力が出来てるようで出来てない、不足している、欠けている、といった方をよくお見かけします。

 

では、3つの力「計画」「段取り」「仕組み化」について順番に説明します。

 

 

計画について

 

計画はニガテ~という女性はけっこう多いのですが、

私は女性こそ計画の達人だと思っています。

 

なぜなら、家事・育児・仕事・プライベートといったように

多くのタスクをこなしている、またはこなしてきた経験はありませんか?

多くのタスクをこなすためには計画が必要です。

 

ただし!

ここでいう計画とは時間マネジメントではありません。

 

「全体計画」です。

 

全体計画をするためには、目標の全体感をつかめないと、

何から始めればよいのか、

次にどのようなステップを踏めばよいのかわからなくなります。

 

物事の全体感は、すでに経験したことであれば、

その全体感をつかむことはカンタンに出来ます。

 

しかし、経験がない場合は、

誰かに相談する、自分で調べる、と言った下準備をして大枠を把握することが必要です。

 

 

段取りについて

 段取りとは予測することだと私は考えています。

 

例えば、「もしかしたらこういうことが起きるかもしれない」と、

いろんな角度から想像を巡らせ、細部にまできちんと意識を向けます。

どの程度細部まで想像することができるかが段取りのポイントです。

 

考えていたことと実際とが違う、まさか!!、

と思う原因のほとんどは段取り不足の可能性が高いです。

 

 

仕組み化について 

 最後に「仕組み化」です。

目標に対して出来ることを

毎回ゼロから考えるのではなく、

共通で使える内容は手引書にまとめて、仕組み化します。

自分のパターンを見える化しておくことで、

効率アップをして、ステップに迷わなくなり、やり方が統一されます。

そのメリットの一つは「時短」効果。

忙しい女性にとって時間はとても重要です。

年を重ねてくると、その重要性は増してきます!

そして、周りにも協力してもらいやすくなる効果もあります。

 

------------- 𖠿 𖤣𖤥 -------------


今日は『成果を出すために必要な3つの力』についてお話しました。

成果を出す方法としてお伝えした

「計画」「段取り」「仕組み化」の3つの力は、

どんな場面でも活かすことができる力です。

ぜひ、意識して計画をたててください。

 

ロードマップ作成講座に興味のある方へ

「計画」と「段取り」の立て方がわかるロードマップ作成講座は、メルマガで募集をします。

次回日程が決まりましたら真っ先にメルマガでお知らせしますので、お待ちくださいね。

閲覧数:20回0件のコメント

Comments


bottom of page